mannine

自転車にまたがる恐竜、ワンピースを着たロバ、mannineのテキスタイルは、想像力をかき立てられるワクワクに満ちています。テキスタイルデザイナー・Manri Kishimotoの「プリントを身につけることを楽しんでもらいたい」という想いから生まれたもの唯一無二のmannineの世界に、あなたも飛び込んでみてください。

 

【mannine・キシモトマンリさんに聞きました】
ご来場いただくみなさまに向けて自己紹介をお願いします
マンナインは”プリントを楽しむ”をテーマにエネルギッシュなカラーのテキスタイル、独自の世界観を持つキャラクターが特徴です。

 

ご自身の一押し作品(商品)を教えてください
新キャラクターがブローチで登場。街中でふと猫に遭遇した時、思わず”かわいい!”と言ってしまう。そんな誰からも愛される”猫”。猫の歴史は古く、古代エジプト時代にまでさかのぼる。古代エジプト人が愛した猫はどんな姿だったのだろう。”永遠に愛されるもの”をテーマに新作の柄の小物、生地をご紹介いたします。

 

mannine
東京都世田谷区尾山台3丁目28−21
03-4283-7288
www.manrikishimoto.com
クレジットカードの使用:可

 


Q1.インスピレーションを受けているものを教えてください

愛してやまない飼い犬やスタッフの愛猫からたわいもない日常にたくさんの刺激をもらってます。

 

Q2.制作風景を見せてください

大きい作業テーブルを中心に仕切りのない部屋でコミュニケーションを取りながら楽しく活動しています。

 

Q3.愛用されている仕事道具を紹介ください

HOECHSTMASS(ヘキストマス)のカラフルメジャー、LEUCHTTURM(ロイヒトトゥルム)1917の手帳、STAEDTLER(ステッドラー)のペンと無印良品のカラーマーカー、JOHN DERIAN(ジョン デリアン)の重石。

 

Q4.ご自身の作品(商品)のおすすめの使い方を教えてください

普段のアイテムにカラーアクセントとして使用したり、インテリアの一部としてちょこんと生地をみせたり。

Q4.ご自身の作品(商品)のおすすめの使い方を教えてください

ついつい集めてしまう文房具。DRESSENSEさんのセレクトアイテムが気になります。やはり色に惹かれます。